トップに戻る

ホーム > 互助センター友の会では > 登録内容変更

登録内容変更

各種手続き方法

1名義変更

互助センター友の会会員の名義は、あらかじめ当社の承諾を得て、変更をすることができます。

名義を変更する場合には、手続の際に、加入者証および加入者(元の名義人)、譲受人(新たな名義人)双方の印鑑が必要です。

また、名義変更が加入者の意思によることを確認するために、本人確認の書類を必要とすることがあります。

名義変更の場合、変更手数料として各種約款に明記されてる金額を申し受けます。

2相続による名義変更

相続によって名義変更を行う場合には、加入者証および相続人を確認するための 書類(名義変更に係る責任などを明確にした書類)をご提出いただくとともに、相続 発生の事実を確認するための書類(除籍謄本、戸籍謄本など)をご提示いただきます。 名義変更の場合、変更手数料として各種約款に明記されてる金額を申し受けます。

3加入者証の再発行

加入者証を紛失されたときは、お届け出により再発行することができます。 再発行した後は、元の会員証は無効になります。尚、再発行の変更手数料として各種約款に明記されてる金額を申し受けます。

4住所変更などの届け出

ご住所や電話番号、その他の連絡先を変更された場合には、 すみやかに当社へ届け出ください。 届け出がない場合、当社が発送した通知類は、 通常の期間を経過したときに、お手元に届いたものとみなします。 また、連絡先などが変更となり、当社に届け出がない場合には、 役務サービスなどの提供が受けられない場合がありますのでご注意ください。

5互助会[ライフプランシステム]の契約解除について

互助会[互助センター友の会]の契約を解除されたい場合は、 以下のご注意事項をお読みいただき手続きを行ってください

ご注意事項

契約の解除とは

契約の解除とは、役務サービスなどを提供する前の契約の取り消しのことです。

契約の解除日とは

契約の解除日とは、必要書類の提出があった日をいいます。

権利の消滅

一度契約を解除されますとその時点で大切な権利が消滅します。

解約返戻金

解約返戻金は積立回数(金額等)によって異なります。

再度のご契約

再度のご契約も可能ですが、時期によって早期利用費等の負担が発生する場合がございます。

手続きについて

手続きはご本人確認のため、原則として当社支店またはお客様のご自宅にて行います。

必要種類について

必要種類などは、自署による解約申込書、加入者証、原則として本人の印鑑が必要です。

本人確認の書類

本人確認の書類として、原則として次のもののうち、いずれか一つが必要です。
運転免許証、各種健康保険証、各種年金手帳、パスポートなど必要種類などは、自署による解約申込書、加入者証、原則として本人の印鑑が必要です。

契約解除の書類の受領後について

契約解除の書類を受領後、お支払期日は45日以内に原則として契約者本人の口座にお振込みいたします。

契約者本人以外からの解除の申し出について

契約者本人以外からの解除の申し出は、契約者本人の意思を確認させていただく場合があります。
本人が死亡した場合の相続人からの申し出については、約款(相続による名義の変更)にもとづいた名義変更をおこなったうえで契約解除の手続きができるものとします。

お手続きの流れ

お客様

契約者ご本人様から担当者、または当社お客様相談センターへご連絡ください。
お電話でのお手続き・お問い合わせは→事前に手続きを行う証書番号のご確認をお願いいたします。
当社支店、営業所またはお客様相談センターへご来店、もしくは、お客様のご自宅に担当者よりご訪問させて頂きます。
→もしご来店いただく場合は、ご用意いただく書類がございますので、ご来店前にお電話でご確認ください。

ライフプラン

手続書類をご案内いたします。

お客様

手続書類に必要事項をご記入のうえ、担当者にご提出ください。

ライフプラン

ご提出いただいた書類を確認させていただきます。
確認完了後、お支払する解約返戻金等があれば、45日以内に原則として契約者本人の口座にお振込みいたします。

よくあるご質問

会員様からのいただく、よくある質問をまとめております。
この他の質問に関しましては、こちらよりご質問ください。

互助会に関することなら

03-3949-6911

受付時間:10:00 ~ 17:00

詳しい資料をご希望の方は

資料請求フォームへ